忍者ブログ

ディーラー・ニュース

ニューヨーク・東京のマーケット動向を、現役トレーダーが自分たちの目線で語ります。

NEW ENTRY

(02/02)
(01/31)
(01/28)
(01/27)
(01/26)
(01/24)
(01/23)
(01/23)
(01/22)
(01/22)
(01/21)
(01/21)
(01/20)
(12/19)
(12/16)
(12/09)
(12/09)
(12/05)
(12/02)
(12/02)
(12/01)
(10/10)
(10/09)
(10/08)
(10/08)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 02/20/11:00

海運や非鉄金属、機械などが堅調で、石油・石炭や鉄鋼はさえない動き

<国内株式市場>
日経平均 13953.73円(210.37円高)

      13734.50円─13976.92円 出来高 19億0673万株


 国内株式市場で日経平均は大幅続伸です。終値で前日比200円を超す上昇となり、1万3900円台半ばで大引けとなりました。円安を好感し、朝方からハイテクや輸出株を中心に幅広く買われました。株価指数先物買い・債券先物売りの動きが観測されるなど先物主導の展開ながら、欧州勢やアジア勢などから実需の買いも入ったということです。12日に起きた中国・四川大地震の株式市場への影響が限定的とみられることなどから後場に買い戻しが加速し、上昇幅を拡大しました。業種別では海運や非鉄金属、機械などが堅調で、石油・石炭や鉄鋼はさえない動きでした。


<外国為替市場>         15時時点
ドル/円  103.72/75円   ユーロ/ドル 1.5550/55ドル

 ユーロ/円 161.29/35円


 午後3時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から小幅安の103円後半で取引されています。日経平均株価が堅調だったことからクロス円がしっかりした値動きを見せながらも、方向感を探る動きで午後はもみあう展開となりました。市場の関心は、きょう発表の欧米の経済指標と株価などに向けられているようです。


<短期金融市場>         15時時点
無担保コール翌日物金利(主な取引レート) 0.513%付近

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り  0.580%(―0.005)

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)   99.065(―0.005)

             安値─高値    99.055─99.070

 

 無担保コール翌日物はやや強含みました。準備預金の積み最終日を控えた資金需要の高まりが背景のようです。現金担保付き債券貸借(レポ)金利が高止まりしたことも響きました。大手銀行が誘導目標を上回る調達希望を示したことを受け、日銀は4月30日以来約2週間ぶりに3000億円を即日供給する措置に踏み切りました。国債買現先オペ(8000億円、6月5日期日)の落札水準は按分レートが0.570%となり、前日実施した同オペ(6000億円、6月4日期日)と同じでした。ユーロ円3カ月金利先物は小動きで推移しました。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら