忍者ブログ

ディーラー・ニュース

ニューヨーク・東京のマーケット動向を、現役トレーダーが自分たちの目線で語ります。

NEW ENTRY

(02/02)
(01/31)
(01/28)
(01/27)
(01/26)
(01/24)
(01/23)
(01/23)
(01/22)
(01/22)
(01/21)
(01/21)
(01/20)
(12/19)
(12/16)
(12/09)
(12/09)
(12/05)
(12/02)
(12/02)
(12/01)
(10/10)
(10/09)
(10/08)
(10/08)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/12/13:36

ユーロ/ドルは一時1.5620まで値を伸ばす

<米株式市場>
欧州市場の流れを引継ぎ、朝方は軟調で、米消費者信頼感指数が17年来の低水準で、住宅産業の悪化の見通しより、米利上げは直ぐにはなさそうとの見方もあるものの、米株式市場は総じて軟調に推移しました。S&P500 9月限は小幅安となったものの、当面は1300の大台を維持できるかどうか注目されるところです。NYダウは11,807.43ドル、マイナス34.93です。


<米為替市場>
本日発表された米消費者信頼感指数が事前予想を大きく下回ったことで、年内の利上げ観測が後退しドルは軟調に推移しました。また、本日の弱い結果を受けて、明日のFOMCでの据え置き観測が強まったことも背景にあるようです。ユーロ/ドルは一時1.5620まで値を伸ばすも、その後は様子見モードが先行し現在は1.5570での推移となっています。ドル/円はドル安を受け107円前半まで下落しましたが、日本の夏のボーナスがキャリートレードを活発にするとの見方から円売りが優勢となり、現在は107.80付近まで反発しています。
PR

株価予測

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、

<a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/" target="_blank"><span style=font-size:x-large><i><strong>世界情勢・国際情勢・デリバティブ・買収技術・ニュース解説</strong></i></span></a>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑無料。クリックで見れます)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラー・サイトへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
<a href="http://blog.goo.ne.jp/morita1955/" target="_blank"><i><strong><span style=font-size:x-large><span style=font-size:large><u>投資銀行ディーラーの情報「交換」ルーム</u></span></span></strong></i></a>     
は、市場解析の勉強になります。

<a href="http://morita1955.blog39.fc2.com/" target="_blank"><u><u><span style=font-size:x-large><u><strong><span style=font-size:large><i>投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム</i></span></strong></u></span></u></u></a>
も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
<a href="http://blog.goo.ne.jp/breguet_dd/" target="_blank"><u><i><strong><span style=font-size:x-large><span style=font-size:large><font color="#FF9900">ブランド時計じかけのオレンジ</font></span></span></strong></i></u></a> が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

<FONT SIZE=4 COLOR="#ff0000"><a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html" target="_blank"><i><i><strong>買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約></strong></i>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)</i></a>
</FONT>

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、<a href="http://www.cnn.co.jp/business/business.html" target="_blank"><span style=font-size:x-large>「CNN」</span></a> が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

<a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html" target="_blank"><u><i><strong><span style=font-size:x-large><span style=font-size:large>メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日> </strong></i><i>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)</i></span></span></u> </a>

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に<span style=font-size:x-large><strong><a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html" target="_blank">「メディアの明日 - 3」</a></strong></span>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

<a href="https://www.cia.gov/index.html" target="_blank"><strong><span style=font-size:x-large>「CIA」</span></strong></a>が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、<a href="http://foia.fbi.gov/" target="_blank"><strong><span style=font-size:x-large>「FBI」</span></strong></a>は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
騎士たちのデジャ・ヴの
<FONT SIZE=4 COLOR="#ff0000"><a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031347.html" target="_blank"> <i><<「世界情勢真相」カテゴリー・アーカイブス>></i>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031347.html)</a>
</FONT>と、
<FONT SIZE=4 COLOR="#ff0000"><a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031114.html" target="_blank"> <i><<「世界情勢」カテゴリー・アーカイブス>></i>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031114.html)</a>
</FONT>
の2つが頻繁に掲載しますので、
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

このカテゴリーの最新記事は
<span style=font-size:x-large><strong><a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50815747.html" target="_blank">「世界情勢真相 <FBI未公開ファイルと、プロパガンダの原理>」</a></strong></span>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50815747.html)

それから、<strong><span style="font-size:x-large;"><a href="http://www.dejavu-dd.com/" target="_blank" title="デリバティブ・買収・国際情勢分析・世界情勢解説・天候予測">デリバティブ・買収・国際情勢分析・世界情勢解説・天候予測</a></span></strong> (http://www.dejavu-dd.com/
 も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
2画面目から観たい人は、<strong><span style="font-size:x-large;"><a href="http://www.dejavu-dd.com/index1.html" target="_blank" title="デリバティブ 買収技術 国際情勢 世界情勢 天候予測">デリバティブ取引 買収技術 国際情勢分析 世界情勢解説 天候予測</a></span></strong> (http://www.dejavu-dd.com/index1.html

<strong><span style="font-size:x-large;"><a href="http://www.dejavu-dd.com/market-mac1.html " target="_blank" title="マーケット情報....債券市場・通貨市場・株式市場・国際商品ページ">マーケット情報....債券市場・通貨市場・株式市場・国際商品ページ</a></span></strong>(http://www.dejavu-dd.com/market-mac1.html
は特に注目。いずれ当サイトもこのページの中核サイトとなる予定である。

今後は <strong><span style="font-size:x-large;"><a href="http://www.dejavu-dd.com/market-mic1.html" target="_blank" title="マーケット情報....デリバティブ・買収ページ">マーケット情報....デリバティブ・買収ページ</a></span></strong>(http://www.dejavu-dd.com/market-mic1.html
が、中心となろう。

株式市況分析

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、

<a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/" target="_blank"><span style=font-size:x-large><i><strong>世界情勢・国際情勢・デリバティブ・買収技術・ニュース解説</strong></i></span></a>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑無料。クリックで見れます)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラー・サイトへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
<a href="http://blog.goo.ne.jp/morita1955/" target="_blank"><i><strong><span style=font-size:x-large><span style=font-size:large><u>投資銀行ディーラーの情報「交換」ルーム</u></span></span></strong></i></a>     
は、市場解析の勉強になります。

<a href="http://morita1955.blog39.fc2.com/" target="_blank"><u><u><span style=font-size:x-large><u><strong><span style=font-size:large><i>投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム</i></span></strong></u></span></u></u></a>
も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
<a href="http://blog.goo.ne.jp/breguet_dd/" target="_blank"><u><i><strong><span style=font-size:x-large><span style=font-size:large><font color="#FF9900">ブランド時計じかけのオレンジ</font></span></span></strong></i></u></a> が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

<FONT SIZE=4 COLOR="#ff0000"><a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html" target="_blank"><i><i><strong>買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約></strong></i>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)</i></a>
</FONT>

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、<a href="http://www.cnn.co.jp/business/business.html" target="_blank"><span style=font-size:x-large>「CNN」</span></a> が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

<a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html" target="_blank"><u><i><strong><span style=font-size:x-large><span style=font-size:large>メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日> </strong></i><i>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)</i></span></span></u> </a>

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に<span style=font-size:x-large><strong><a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html" target="_blank">「メディアの明日 - 3」</a></strong></span>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

<a href="https://www.cia.gov/index.html" target="_blank"><strong><span style=font-size:x-large>「CIA」</span></strong></a>が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、<a href="http://foia.fbi.gov/" target="_blank"><strong><span style=font-size:x-large>「FBI」</span></strong></a>は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
騎士たちのデジャ・ヴの
<FONT SIZE=4 COLOR="#ff0000"><a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031347.html" target="_blank"> <i><<「世界情勢真相」カテゴリー・アーカイブス>></i>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031347.html)</a>
</FONT>と、
<FONT SIZE=4 COLOR="#ff0000"><a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031114.html" target="_blank"> <i><<「世界情勢」カテゴリー・アーカイブス>></i>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031114.html)</a>
</FONT>
の2つが頻繁に掲載しますので、
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

このカテゴリーの最新記事は
<span style=font-size:x-large><strong><a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50815747.html" target="_blank">「世界情勢真相 <FBI未公開ファイルと、プロパガンダの原理>」</a></strong></span>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50815747.html)

それから、<strong><span style="font-size:x-large;"><a href="http://www.dejavu-dd.com/" target="_blank" title="デリバティブ・買収・国際情勢分析・世界情勢解説・天候予測">デリバティブ・買収・国際情勢分析・世界情勢解説・天候予測</a></span></strong> (http://www.dejavu-dd.com/
 も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
2画面目から観たい人は、<strong><span style="font-size:x-large;"><a href="http://www.dejavu-dd.com/index1.html" target="_blank" title="デリバティブ 買収技術 国際情勢 世界情勢 天候予測">デリバティブ取引 買収技術 国際情勢分析 世界情勢解説 天候予測</a></span></strong> (http://www.dejavu-dd.com/index1.html

<strong><span style="font-size:x-large;"><a href="http://www.dejavu-dd.com/market-mac1.html " target="_blank" title="マーケット情報....債券市場・通貨市場・株式市場・国際商品ページ">マーケット情報....債券市場・通貨市場・株式市場・国際商品ページ</a></span></strong>(http://www.dejavu-dd.com/market-mac1.html
は特に注目。いずれ当サイトもこのページの中核サイトとなる予定である。

今後は <strong><span style="font-size:x-large;"><a href="http://www.dejavu-dd.com/market-mic1.html" target="_blank" title="マーケット情報....デリバティブ・買収ページ">マーケット情報....デリバティブ・買収ページ</a></span></strong>(http://www.dejavu-dd.com/market-mic1.html
が、中心となろう。

ユーロ/ドルは原油高を受け1.5555付近で堅調に推移

<米株式市場>
デル社の予想を上回る決算内容を受けてテクノロジー関連が上昇し、またNY原油が反発したことなどより商品関連も堅調な動きとなるなど、総じて底堅く推移しました。NYダウは引けにかけて軟化し、S&P500 6月限は前日比ほぼ変わらずで取引を終えました。NYダウは12,638.32ドル、マイナス7.90です。


<米為替市場>
ドルは本日発表された経済指標の結果が好感され序盤は堅調に推移しましたが、原油の反発や週末のポジション調整を背景に上値の重い動きとなりました。ドル/円は105.70付近まで上昇するもNYダウが軟化したことで反落、現在は105.40での推移となっています。ユーロ/ドルは原油高を受け現在も1.5555付近で堅調に推移しています。来週は重要イベントや指標が控えています。

米独金利の低下がドル/円やクロス円の売りを誘発

<国内株式市場>
日経平均 14012.20円(33.74円高)

      13925.38円─14157.24円 出来高 21億9947万株


 国内株式市場では日経平均が小幅続伸です。終値で1万4000円台を回復ましました。米国株の下げ止まりやドル高/円安を受けて先物買いが先行したほか、現物市場でも出遅れていたハイテク株などが買われ、一時は1万4100円台まで上値を伸ばしました。しかし、大引けにかけては週末の手仕舞い売りで伸び悩みました。


<外国為替市場>           17時時点
 ドル/円  103.85/90円   ユーロ/ドル 1.5720/25ドル

 ユーロ/円 163.30/36円


 午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から小幅円高の103円後半で取引されています。前日海外で強まったドル買いは一服となり、この日の東京市場は狭いレンジ内のもみあいとなりました。夕方の取引では、米独金利の低下がドル/円やクロス円の売りを誘発しましたが、週明け26日が英米ともに休場となるため、連休前のポジション調整に伴う一時的な動きではないかとの声が出ています。


<短期金融市場>         18時時点
無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.502%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り  0.585%(+0.005)

 ユーロ円3カ月金先(08年12月限)   99.020(─0.025)

             安値─高値    98.995─99.025


 無担保コール翌日物金利は0.50─0.505%を中心に推移しました。日銀の緩め調節を受けて調達を急ぐ動きは見られず、総じて落ち着いた展開でした。0.50%では邦銀勢の調達意欲が示されていました。6月税揚げを越える2週間物が0.56─0.57%付近、26日スタートの翌日物が0.51%付近で出合いを付けました。日銀が午後に実施した2本の共通担保資金供給(本店)オペ結果は無難な内容です。案分落札金利は5月26日─6月11日分は0.540%、5月26日─6月17日分は0.550%で、ユーロ円3カ月金利先物市場は債券安を受けて続落しました。

株式市場解析

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、

<a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/" target="_blank"><span style=font-size:x-large><i><strong>世界情勢・国際情勢・デリバティブ・買収技術・ニュース解説</strong></i></span></a>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑無料。クリックで見れます)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラー・サイトへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
<a href="http://blog.goo.ne.jp/morita1955/" target="_blank"><i><strong><span style=font-size:x-large><span style=font-size:large><u>投資銀行ディーラーの情報「交換」ルーム</u></span></span></strong></i></a>     
は、市場解析の勉強になります。

<a href="http://morita1955.blog39.fc2.com/" target="_blank"><u><u><span style=font-size:x-large><u><strong><span style=font-size:large><i>投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム</i></span></strong></u></span></u></u></a>
も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
<a href="http://blog.goo.ne.jp/breguet_dd/" target="_blank"><u><i><strong><span style=font-size:x-large><span style=font-size:large><font color="#FF9900">ブランド時計じかけのオレンジ</font></span></span></strong></i></u></a> が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

<FONT SIZE=4 COLOR="#ff0000"><a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html" target="_blank"><i><i><strong>買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約></strong></i>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)</i></a>
</FONT>

を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、<a href="http://www.cnn.co.jp/business/business.html" target="_blank"><span style=font-size:x-large>「CNN」</span></a> が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

<a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html" target="_blank"><u><i><strong><span style=font-size:x-large><span style=font-size:large>メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日> </strong></i><i>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)</i></span></span></u> </a>

を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
特に<span style=font-size:x-large><strong><a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html" target="_blank">「メディアの明日 - 3」</a></strong></span>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50451282.html)は必見。
「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」などが消去され、この近辺の記事では唯一の残存分です。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

<a href="https://www.cia.gov/index.html" target="_blank"><strong><span style=font-size:x-large>「CIA」</span></strong></a>が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、<a href="http://foia.fbi.gov/" target="_blank"><strong><span style=font-size:x-large>「FBI」</span></strong></a>は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
騎士たちのデジャ・ヴの
<FONT SIZE=4 COLOR="#ff0000"><a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031347.html" target="_blank"> <i><<「世界情勢真相」カテゴリー・アーカイブス>></i>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031347.html)</a>
</FONT>と、
<FONT SIZE=4 COLOR="#ff0000"><a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031114.html" target="_blank"> <i><<「世界情勢」カテゴリー・アーカイブス>></i>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031114.html)</a>
</FONT>
の2つが頻繁に掲載しますので、
CIA、FBIなどの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。「D」はこのカテゴリーの未公開分(約8割)を再公開する意向との情報も有り。

このカテゴリーの最新記事は
<span style=font-size:x-large><strong><a href="http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50815747.html" target="_blank">「世界情勢真相 <FBI未公開ファイルと、プロパガンダの原理>」</a></strong></span>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50815747.html)

それから、<strong><span style="font-size:x-large;"><a href="http://www.dejavu-dd.com/" target="_blank" title="デリバティブ・買収・国際情勢分析・世界情勢解説・天候予測">デリバティブ・買収・国際情勢分析・世界情勢解説・天候予測</a></span></strong> (http://www.dejavu-dd.com/
 も(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、
3年越しの沈黙の後、ついに再始動の噂。
2画面目から観たい人は、<strong><span style="font-size:x-large;"><a href="http://www.dejavu-dd.com/index1.html" target="_blank" title="デリバティブ 買収技術 国際情勢 世界情勢 天候予測">デリバティブ取引 買収技術 国際情勢分析 世界情勢解説 天候予測</a></span></strong> (http://www.dejavu-dd.com/index1.html

<strong><span style="font-size:x-large;"><a href="http://www.dejavu-dd.com/market-mac1.html " target="_blank" title="マーケット情報....債券市場・通貨市場・株式市場・国際商品ページ">マーケット情報....債券市場・通貨市場・株式市場・国際商品ページ</a></span></strong>(http://www.dejavu-dd.com/market-mac1.html
は特に注目。いずれ当サイトもこのページの中核サイトとなる予定である。

今後は <strong><span style="font-size:x-large;"><a href="http://www.dejavu-dd.com/market-mic1.html" target="_blank" title="マーケット情報....デリバティブ・買収ページ">マーケット情報....デリバティブ・買収ページ</a></span></strong>(http://www.dejavu-dd.com/market-mic1.html
が、中心となろう。

今晩の米インテルの決算や3月米卸売物価指数(PPI)発表を控えて全般は様子見気分

<国内株式市場>
日経平均 12990.58円(73.07円高)

      12875.92円─13052.82円 出来高 16億6703万株


 国内株式市場で日経平均は反発です。米株や為替の落ち着きを好感し鉄鋼や不動産、証券などに買い戻しが入りましたが、今晩の米インテルの決算や3月米卸売物価指数(PPI)発表を控えて全般は様子見気分が強かったようです。東証1部売買代金も連日の2兆円割れと薄商いが続いており、売買は短期筋が中心で方向感に乏しい展開となっています。


<外国為替市場>         17時時点
ドル/円 100.90/95円   ユーロ/ドル 1.5855/60ドル

 ユーロ/円 160.04/07円

午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から下落し、100円後半で取引されています。ドルは上値を目指しにくく、売りの材料待ちの展開が続いているようです。夕方にかけての取引でも、海外勢を中心としたドル売りが膨らんでいます。下値のターゲットは、直近安値の100円付近。対照的にユーロは堅調で、ユーロ/ドルの1.6ドル乗せは遠くないとの見方も出ていました。しかし、欧州市場で、予想を大きく下回る独ZEW指数を受け急落しました。一方、チェココルナはユーロ導入時期をめぐる議論から、対ユーロでは高値圏で推移しています。


<短期金融市場>         18時時点
無担保コール翌日物金利(加重平均レート)  0.522%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り     ──(出合いなし)

 ユーロ円3カ月金先(08年9月限)  99.230(─0.005)

             安値─高値   99.225─99.240


 準備預金の積み最終日を迎えた15日の短期金融市場で、無担保コール翌日物金利が上昇しました。積み最終要因に加え、現金担保付き債券貸借(レポ)取引でGC金利が強含んだことも影響しました。短期国債市場で主に証券会社など業者の在庫荷もたれ感が強まっており、レポ市場での資金調達需要の高まりが浮き彫りとなりました。財務省が実施した1年物割引短期国債(434回債、2009年4月20日償還)の落札利回りは前回債より上昇し、市場の日銀利下げ観測が後退していることを反映したようです。

ドル/円は小幅反落

<国内株式市場>
日経平均 13824.72円(89.85円安)

      13803.46円─14053.85円 出来高 20億9370万株


 国内株式市場では、日経平均が反落です。米モノライン問題が格付け維持の方向で進んでいるとの期待から、日経平均は寄り付きで心理的なフシである1万4000円台を回復しましたが、目標達成感から買い一巡後は戻り売りや利食い売りで伸び悩み、午後に入ると下げに転じました。株価の戻りで割安感の修正が進むなか、1万4000円台を大きく買い上がるには新たな材料が必要だとの声も出ています。


<外国為替市場>        17時時点
ドル/円 108.02/07円   ユーロ/ドル 1.4785/90ドル

 ユーロ/円 159.75/78円


 午後5時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点とほぼ変わらず108円前半で取引されています。米金融保証会社(モノライン)救済への期待感などから前日海外市場では円が弱含みとなりましたが、東京市場では利益確定の売りに押され、ドル/円は小幅反落し、クロス円も高値圏で上値の重さが目立ちました。モノライン救済策も含め、市場ではサブプライムモーゲージ問題への懸念が依然としてくすぶっているとの指摘が複数出ています。


<短期金融市場>       17時05分
無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.504%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り  0.565%(+0.005)

 ユーロ円3カ月金先(08年9月限)  99.320(─0.005)

             安値─高値   99.305─99.325


 無担保コール翌日物は0.50%を中心に取引されました。午前は0.50─0.51%を中心に出合いが見られましたが、午後に入ると0.50%で出合うことが多かったようです。準備預金の積みを早めに進めたい邦銀勢などから調達意欲がしっかりと示されていました。日銀が午後に実施した共通担保資金供給(本店)オペ(2月28日─5月16日)の案分落札金利は0.550%と前回5月連休越えのオペと横ばいです。同時に実施した同オペ(2月27日─3月26日)の案分落札金利は0.530%と前日のオペと同水準で推移し午後から取引が開始された月末・月初取引となるレポGC翌日物金利は0.545─0.550%と前日に比べて1─2ベーシスポイント程度の強含みでした。ユーロ円3カ月金利先物市場は売り先行後はもみあいでした。

ドル/円は2005年以来の安値レベルまで下落

<米株式市場>
シティグループの巨額損失の発表、予想外の米小売売上高の減少を受け、米株式市場は総じて急反落の動きとなりました。NY原油の急落よりエクソンモービルなどz石油関連の下げも目立ちました。本日の急落より昨年3月以来の安値を探り、S&P500 3月限は1390を割込みました。NYダウは12,501.11ドル、マイナス277.04です。


<米為替市場>
本日発表された指標は予想を下回る結果となり、米経済後退懸念よりリスク回避の動きが強まり、円買いが先行しました。ドル/円は2005年以来の安値レベルまで下落し、現在も106.95と下値を探る展開となっています。また豪ドルの下落も目立っており、対円では94.80となっています。ユーロ/ドルは序盤堅調に推移するも、その後ドルが買い戻されており、現在も1.4830と上値の重い展開が続いています。0.75%の利下げの声もあり、リスク回避の動きに敏感になっているようです。

ドル/円は107円後半で取引

<国内株式市場>
日経平均 13972.63円(138.16円安)

      13915.15円─14224.00円 出来高 24億7575万株


 国内株式市場では、日経平均が続落です。終値で2005年11月以来の1万4000円割れとなりました。15日の米シティグループの決算発表を待って様子見気分が強まるなか、ドルが107円台のドル安/円高に振れたことをきっかけに後場から先物主導で売りが強まりました。


<外国為替市場>        15時時点
ドル/円 107.80/85円   ユーロ/ドル 1.4870/75ドル

 ユーロ/円 160.31/36円


 午後3時過ぎのドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から円高が進み107円後半で取引されています。シティグループなど米大手金融機関の決算発表を前に、サブプライムモーゲージ問題をめぐって米系金融機関が損失を追加計上するとの報道やアジア株の下落などを背景に、リスク回避の円買いが強まりました。ドル/円は108円前半から一時107.69円まで下落し、2年半ぶり円高水準に接近しました。


<短期金融市場>        15時時点
無担保コール翌日物金利(主な取引レート) 0.520%付近

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り    ――

 ユーロ円3カ月金先(08年6月限)  99.350(─0.010)

             安値─高値   99.345─99.365


 無担保コール翌日物の取引中心金利は0.52%付近と日銀誘導目標(0.50%前後)に対して強含みの展開。準備預金の積み最終日や国債発行日を迎えて資金調達需要が強まりました。朝方は0.52─0.54%を中心に取引されましたが、午後には外銀勢が0.51─0.52%付近、邦銀勢が0.51%付近で調達するなど、やや落ち着きを取り戻しました。日銀が午後に通告した共通担保資金供給(本店)オペ(1月16日─2月21日)の案分落札金利は0.540%と11日の同オペ(1月15日─3月10日)に比べて横ばいです。ユーロ円3カ月金利先物市場は株安を受け日銀の利下げを織り込む形で期先物を中心に底堅い展開となりました。日銀が午後2時半に発表した「地域経済報告(さくら報告)で、足元の景気について「地域差はあるものの、全体として緩やかな拡大基調にある」と総括し、市場では「全国の景気情勢は辛うじて総崩れしなかったが、日経平均で1万4000円を割り込んだ株価の動きをみると、先行きは決して明るくない。利下げを織り込み始めたオーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)金利がより政策金利の方向性を反映しているのではないか」(国内証券)との声が出ていたようです。

国内株式市場は政治情勢の不透明感やアジア株の下落を受けて大幅下落

<国内株式市場>
日経平均 16268.92円(248.56円安)
      16211.79円─16458.14円 出来高 20億0556万株

 国内株式市場では日経平均が大幅続落です。終値ベースで1万6200円台に下落し、10月25日につけた直近安値(1万6284円17銭)を割り込みました。政治情勢の不透明感やアジア株の下落を受けて先物主導で売りが加速したようです。


<外国為替市場>   15時時点
 ドル/円 114.67/72円   ユーロ/ドル 1.4487/92ドル
 ユーロ/円 166.19/28円

 午後3時過ぎのドル/円は、前週末NY市場の午後5時時点から小幅円高の114円後半で取引されています。日経平均株価などアジア株の下げを受け、週明けの東京市場では株安が投資家のリスク回避の動きにつながり、円キャリートレードが圧縮されるとの見方から、円が底堅い動きとなりました。ドルは電子取引のEBSで一時114.35円まで下落し、10月29日以来の円高水準を更新しましたが、株価の下げが限られたことなどから午後にかけては円が小幅に売り戻されるなど、値動きは一進一退となりました。


<短期金融市場>    15時50分時点
無担保コール翌日物金利(主な取引レート)  0.51%付近
 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り    ───
 ユーロ円3カ月金先(08年6月限)  99.160(+0.005)
             安値─高値  99.155─99.170

 無担保コール翌日物は、0.51%付近が出合いの中心でした。大手銀行を含め邦銀勢を中心に着実に準備預金の積みを進めようとする動きからレートは底堅く推移したものの、取り上がる気配は見られず、落ち着いた展開が続きました。資金運用ニーズが高いため、ターム物金利も低位で安定しました。一方、日銀の実施した共通担保資金供給オペは徐々に利回りは低下しているものの、レポ市場やコール市場のターム物取引で資金を取りきれなかった向きからの応札が入りました。ユーロ円3カ月金利先物は、債券の動きに合わせてもみあいとなりました。日銀の早期利上げ観測が一段と後退するなか金先は高値圏での推移を続けていますが、日銀の政策見通しに不透明感が強いため、動きづらい地合いとなっています。

国際情勢から見た株式市場

『戦い』(ロマンスの行方・3」から)

(↑Dの発布した 『神の誤算・2』 や 『Z-4の追憶』、『ロマンスの行方・3』 など、伝説的文書の数々に掲載されてきた写真…ではなく絵。『衝動的戦い』。これで「覚醒しないやつは人間じゃない」と叫ぶ我々のそれも、「衝動」)


報道規制された世界情勢・国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、

世界情勢 国際情勢 デリバティブ 天候予測 エネルギー http://blog.livedoor.jp/dd_freak/  

(↑↑無料。クリックで見れます) をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!

もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」の、「あの」サイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。

データ初期化、頻繁な引越し、無数のURL・ミラーサイトへの読者誘導……などで

大手サイトであることを秘匿、提携・広告などはすべて断られる。

 

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、

現役の投資銀行ディーラーの知人が運営する 投資銀行ディーラーの情報「交換」ルーム   

は、市場解析の勉強になります。

投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム

も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。


今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。

ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。

内容はかなり難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいれば確実に理解できます。

もっと直接的に禁断の扉を開けたい方は、

「買収」 http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html をどうぞ。

 

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。
「メディアの明日」 http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。

「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」が消去され、

この近辺の記事で残っているのは上記の記事のみです。


諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、「CIA」 が、存在感を強めているといえます。
そうなると、「FBI」
は逆に、CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?

CIA、FBI、NSA、DIAなどの未公開ファイルなどは、

<Pandora’s Box (旧LOGOS)> 

「世界情勢真相(カテゴリー・アーカイブス)」

http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031347.html

 

の3アーカイブスが、頻繁に掲載しますので、彼らの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。


「国際情勢真相カテゴリー」 の最新記事は

「国際情勢真相 <FBI未公開ファイルと、プロパガンダの原理>」

http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50815747.html
『黒衣の使者』(「ロマンスの行方・1」から)
(↑↑Dの発布した 『After The Big Days』 や 『ロマンスの行方・1』、『黒衣の使者の使命』 に掲載された、『黒衣の使者』 の写真…ではなく絵。キングとは違う、直接的な恐怖をまとう 「黒衣の使者たち」。彼らは特別な能力を持ち、世界を心の底から軽蔑している。だからこそ、キングとは違った意味で、容赦しない。キングのコトバを各地のナイトに伝達し、威圧的マントだけで市場を震え上がらせ、弱者を駆逐する! 初めて彼らに近づいたときに必ず思う事、それは 「味方でよかった!!」 という運命的事実。部外者は、黒衣の使者を語るなかれ。彼らは遠くからでも聞こえる。「映画『ロード・オブ・ザ・リング』のナズグル」、と投資銀行ディーラーは言うが、もっと全然怖い。もちろん使者たちの許可を得て掲載してます)

国際情勢ニュース

『戦い』(ロマンスの行方・3」から)

(↑Dの発布した 『神の誤算・2』 や 『Z-4の追憶』、『ロマンスの行方・3』 など、伝説的文書の数々に掲載されてきた写真…ではなく絵。『衝動的戦い』。これで「覚醒しないやつは人間じゃない」と叫ぶ我々のそれも、「衝動」)


報道規制された世界情勢・国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、

世界情勢 国際情勢 デリバティブ 天候予測 エネルギー http://blog.livedoor.jp/dd_freak/  

(↑↑無料。クリックで見れます) をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!

もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」の、「あの」サイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。

データ初期化、頻繁な引越し、無数のURL・ミラーサイトへの読者誘導……などで

大手サイトであることを秘匿、提携・広告などはすべて断られる。

 

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、

現役の投資銀行ディーラーの知人が運営する 投資銀行ディーラーの情報「交換」ルーム   

は、市場解析の勉強になります。

投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム

も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。


今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。

ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。

内容はかなり難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいれば確実に理解できます。

もっと直接的に禁断の扉を開けたい方は、

「買収」 http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html をどうぞ。

 

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。
「メディアの明日」 http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。

「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」が消去され、

この近辺の記事で残っているのは上記の記事のみです。


諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、「CIA」 が、存在感を強めているといえます。
そうなると、「FBI」
は逆に、CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?

CIA、FBI、NSA、DIAなどの未公開ファイルなどは、

<Pandora’s Box (旧LOGOS)> 

「世界情勢真相(カテゴリー・アーカイブス)」

http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031347.html

 

の3アーカイブスが、頻繁に掲載しますので、彼らの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。


「国際情勢真相カテゴリー」 の最新記事は

「国際情勢真相 <FBI未公開ファイルと、プロパガンダの原理>」

http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50815747.html
『黒衣の使者』(「ロマンスの行方・1」から)
(↑↑Dの発布した 『After The Big Days』 や 『ロマンスの行方・1』、『黒衣の使者の使命』 に掲載された、『黒衣の使者』 の写真…ではなく絵。キングとは違う、直接的な恐怖をまとう 「黒衣の使者たち」。彼らは特別な能力を持ち、世界を心の底から軽蔑している。だからこそ、キングとは違った意味で、容赦しない。キングのコトバを各地のナイトに伝達し、威圧的マントだけで市場を震え上がらせ、弱者を駆逐する! 初めて彼らに近づいたときに必ず思う事、それは 「味方でよかった!!」 という運命的事実。部外者は、黒衣の使者を語るなかれ。彼らは遠くからでも聞こえる。「映画『ロード・オブ・ザ・リング』のナズグル」、と投資銀行ディーラーは言うが、もっと全然怖い。もちろん使者たちの許可を得て掲載してます)

国際情勢 <上級編>

『戦い』(ロマンスの行方・3」から)

(↑Dの発布した 『神の誤算・2』 や 『Z-4の追憶』、『ロマンスの行方・3』 など、伝説的文書の数々に掲載されてきた写真…ではなく絵。『衝動的戦い』。これで「覚醒しないやつは人間じゃない」と叫ぶ我々のそれも、「衝動」)


報道規制された世界情勢・国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、

世界情勢 国際情勢 デリバティブ 天候予測 エネルギー http://blog.livedoor.jp/dd_freak/  

(↑↑無料。クリックで見れます) をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!

もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」の、「あの」サイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。

データ初期化、頻繁な引越し、無数のURL・ミラーサイトへの読者誘導……などで

大手サイトであることを秘匿、提携・広告などはすべて断られる。

 

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、

現役の投資銀行ディーラーの知人が運営する 投資銀行ディーラーの情報「交換」ルーム   

は、市場解析の勉強になります。

投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム

も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。


今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。

ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。

内容はかなり難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいれば確実に理解できます。

もっと直接的に禁断の扉を開けたい方は、

「買収」 http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html をどうぞ。

 

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。
「メディアの明日」 http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。

「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」が消去され、

この近辺の記事で残っているのは上記の記事のみです。


諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、「CIA」 が、存在感を強めているといえます。
そうなると、「FBI」
は逆に、CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?

CIA、FBI、NSA、DIAなどの未公開ファイルなどは、

<Pandora’s Box (旧LOGOS)> 

「世界情勢真相(カテゴリー・アーカイブス)」

http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031347.html

 

の3アーカイブスが、頻繁に掲載しますので、彼らの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。


「国際情勢真相カテゴリー」 の最新記事は

「国際情勢真相 <FBI未公開ファイルと、プロパガンダの原理>」

http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50815747.html
『黒衣の使者』(「ロマンスの行方・1」から)
(↑↑Dの発布した 『After The Big Days』 や 『ロマンスの行方・1』、『黒衣の使者の使命』 に掲載された、『黒衣の使者』 の写真…ではなく絵。キングとは違う、直接的な恐怖をまとう 「黒衣の使者たち」。彼らは特別な能力を持ち、世界を心の底から軽蔑している。だからこそ、キングとは違った意味で、容赦しない。キングのコトバを各地のナイトに伝達し、威圧的マントだけで市場を震え上がらせ、弱者を駆逐する! 初めて彼らに近づいたときに必ず思う事、それは 「味方でよかった!!」 という運命的事実。部外者は、黒衣の使者を語るなかれ。彼らは遠くからでも聞こえる。「映画『ロード・オブ・ザ・リング』のナズグル」、と投資銀行ディーラーは言うが、もっと全然怖い。もちろん使者たちの許可を得て掲載してます)

ヘッジファンドニュース

『戦い』(ロマンスの行方・3」から)

(↑Dの発布した 『神の誤算・2』 や 『Z-4の追憶』、『ロマンスの行方・3』 など、伝説的文書の数々に掲載されてきた写真…ではなく絵。『衝動的戦い』。これで「覚醒しないやつは人間じゃない」と叫ぶ我々のそれも、「衝動」)


報道規制された世界情勢・国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、

世界情勢 国際情勢 デリバティブ 天候予測 エネルギー http://blog.livedoor.jp/dd_freak/  

(↑↑無料。クリックで見れます) をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!

もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」の、「あの」サイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。

データ初期化、頻繁な引越し、無数のURL・ミラーサイトへの読者誘導……などで

大手サイトであることを秘匿、提携・広告などはすべて断られる。

 

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、

現役の投資銀行ディーラーの知人が運営する 投資銀行ディーラーの情報「交換」ルーム   

は、市場解析の勉強になります。

投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム

も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。


今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。

ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。

内容はかなり難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいれば確実に理解できます。

もっと直接的に禁断の扉を開けたい方は、

「買収」 http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html をどうぞ。

 

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。
「メディアの明日」 http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。

「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」が消去され、

この近辺の記事で残っているのは上記の記事のみです。


諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、「CIA」 が、存在感を強めているといえます。
そうなると、「FBI」
は逆に、CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?

CIA、FBI、NSA、DIAなどの未公開ファイルなどは、

<Pandora’s Box (旧LOGOS)> 

「世界情勢真相(カテゴリー・アーカイブス)」

http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031347.html

 

の3アーカイブスが、頻繁に掲載しますので、彼らの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。


「国際情勢真相カテゴリー」 の最新記事は

「国際情勢真相 <FBI未公開ファイルと、プロパガンダの原理>」

http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50815747.html
『黒衣の使者』(「ロマンスの行方・1」から)
(↑↑Dの発布した 『After The Big Days』 や 『ロマンスの行方・1』、『黒衣の使者の使命』 に掲載された、『黒衣の使者』 の写真…ではなく絵。キングとは違う、直接的な恐怖をまとう 「黒衣の使者たち」。彼らは特別な能力を持ち、世界を心の底から軽蔑している。だからこそ、キングとは違った意味で、容赦しない。キングのコトバを各地のナイトに伝達し、威圧的マントだけで市場を震え上がらせ、弱者を駆逐する! 初めて彼らに近づいたときに必ず思う事、それは 「味方でよかった!!」 という運命的事実。部外者は、黒衣の使者を語るなかれ。彼らは遠くからでも聞こえる。「映画『ロード・オブ・ザ・リング』のナズグル」、と投資銀行ディーラーは言うが、もっと全然怖い。もちろん使者たちの許可を得て掲載してます)

株式ニュース

『戦い』(ロマンスの行方・3」から)

(↑Dの発布した 『神の誤算・2』 や 『Z-4の追憶』、『ロマンスの行方・3』 など、伝説的文書の数々に掲載されてきた写真…ではなく絵。『衝動的戦い』。これで「覚醒しないやつは人間じゃない」と叫ぶ我々のそれも、「衝動」)


報道規制された世界情勢・国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、

世界情勢 国際情勢 デリバティブ 天候予測 エネルギー http://blog.livedoor.jp/dd_freak/  

(↑↑無料。クリックで見れます) をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!

もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」の、「あの」サイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。

データ初期化、頻繁な引越し、無数のURL・ミラーサイトへの読者誘導……などで

大手サイトであることを秘匿、提携・広告などはすべて断られる。

 

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、

現役の投資銀行ディーラーの知人が運営する 投資銀行ディーラーの情報「交換」ルーム   

は、市場解析の勉強になります。

投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム

も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。


今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。

ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。

内容はかなり難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいれば確実に理解できます。

もっと直接的に禁断の扉を開けたい方は、

「買収」 http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html をどうぞ。

 

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。
「メディアの明日」 http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。

「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」が消去され、

この近辺の記事で残っているのは上記の記事のみです。


諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、「CIA」 が、存在感を強めているといえます。
そうなると、「FBI」
は逆に、CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?

CIA、FBI、NSA、DIAなどの未公開ファイルなどは、

<Pandora’s Box (旧LOGOS)> 

「世界情勢真相(カテゴリー・アーカイブス)」

http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031347.html

 

の3アーカイブスが、頻繁に掲載しますので、彼らの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。


「国際情勢真相カテゴリー」 の最新記事は

「国際情勢真相 <FBI未公開ファイルと、プロパガンダの原理>」

http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50815747.html
『黒衣の使者』(「ロマンスの行方・1」から)
(↑↑Dの発布した 『After The Big Days』 や 『ロマンスの行方・1』、『黒衣の使者の使命』 に掲載された、『黒衣の使者』 の写真…ではなく絵。キングとは違う、直接的な恐怖をまとう 「黒衣の使者たち」。彼らは特別な能力を持ち、世界を心の底から軽蔑している。だからこそ、キングとは違った意味で、容赦しない。キングのコトバを各地のナイトに伝達し、威圧的マントだけで市場を震え上がらせ、弱者を駆逐する! 初めて彼らに近づいたときに必ず思う事、それは 「味方でよかった!!」 という運命的事実。部外者は、黒衣の使者を語るなかれ。彼らは遠くからでも聞こえる。「映画『ロード・オブ・ザ・リング』のナズグル」、と投資銀行ディーラーは言うが、もっと全然怖い。もちろん使者たちの許可を得て掲載してます)

マーケットニュース

『戦い』(ロマンスの行方・3」から)

(↑Dの発布した 『神の誤算・2』 や 『Z-4の追憶』、『ロマンスの行方・3』 など、伝説的文書の数々に掲載されてきた写真…ではなく絵。『衝動的戦い』。これで「覚醒しないやつは人間じゃない」と叫ぶ我々のそれも、「衝動」)


報道規制された世界情勢・国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、

世界情勢 国際情勢 デリバティブ 天候予測 エネルギー http://blog.livedoor.jp/dd_freak/  

(↑↑無料。クリックで見れます) をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!

もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」の、「あの」サイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。

データ初期化、頻繁な引越し、無数のURL・ミラーサイトへの読者誘導……などで

大手サイトであることを秘匿、提携・広告などはすべて断られる。

 

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、

現役の投資銀行ディーラーの知人が運営する 投資銀行ディーラーの情報「交換」ルーム   

は、市場解析の勉強になります。

投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム

も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。


今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。

ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。

内容はかなり難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいれば確実に理解できます。

もっと直接的に禁断の扉を開けたい方は、

「買収」 http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html をどうぞ。

 

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。
「メディアの明日」 http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。

「メディアの明日 - 4 <ネオ・リベラリストの世界征服>」が消去され、

この近辺の記事で残っているのは上記の記事のみです。


諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、「CIA」 が、存在感を強めているといえます。
そうなると、「FBI」
は逆に、CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?

CIA、FBI、NSA、DIAなどの未公開ファイルなどは、

<Pandora’s Box (旧LOGOS)> 

「世界情勢真相(カテゴリー・アーカイブス)」

http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031347.html

 

の3アーカイブスが、頻繁に掲載しますので、彼らの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。


「国際情勢真相カテゴリー」 の最新記事は

「国際情勢真相 <FBI未公開ファイルと、プロパガンダの原理>」

http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/50815747.html
『黒衣の使者』(「ロマンスの行方・1」から)
(↑↑Dの発布した 『After The Big Days』 や 『ロマンスの行方・1』、『黒衣の使者の使命』 に掲載された、『黒衣の使者』 の写真…ではなく絵。キングとは違う、直接的な恐怖をまとう 「黒衣の使者たち」。彼らは特別な能力を持ち、世界を心の底から軽蔑している。だからこそ、キングとは違った意味で、容赦しない。キングのコトバを各地のナイトに伝達し、威圧的マントだけで市場を震え上がらせ、弱者を駆逐する! 初めて彼らに近づいたときに必ず思う事、それは 「味方でよかった!!」 という運命的事実。部外者は、黒衣の使者を語るなかれ。彼らは遠くからでも聞こえる。「映画『ロード・オブ・ザ・リング』のナズグル」、と投資銀行ディーラーは言うが、もっと全然怖い。もちろん使者たちの許可を得て掲載してます)

東京株式市場は海外勢の参加鈍く薄商い!

<株式市場>

 日経平均 16420.47円(104.46円安)

      16392.21円─16511.64円 出来高 14億5790万株

東京株式市場では、日経平均が続落。4日に発表される米ISM製造業景気指数でサブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題による米国景気への影響を確認したいとして参加者は様子見姿勢を強め、小口の売りに値を崩す展開になりました。3日はレーバーデーで米国市場が休場だったことから海外勢の参加も鈍く、東証1部売買代金は1兆9025億円と2兆円を割り込む薄商いとなりました。


<外為市場> 17時現在

 ドル/円   115.36/41円  ユーロ/円 156.93/95円

 ユーロ/ドル 1.3602/07ドル 

 午後5時過ぎのドル/円は、前日ロンドン市場の午後3時時点から小幅円高が進み115円前半で取引されています。日中は円の売買が交錯したが、夕方に入ってサブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題をめぐるうわさなどを手掛かりに急速に円買いが強まった。ユーロ/円は朝方の高値から1円を超える円高となりました。


<短期金融市場>  17時59分現在

 無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.490%

 3カ月物FB(政府短期証券)流通利回り  0.630%(―0.010)

 ユーロ円3カ月金先(08年3月限)    99.115(+0.010)

             安値─高値    99.100─99.120

無担保コール翌日物は、低位での取引でした。朝方こそ誘導目標近辺での出合いが主体だったものの、午後にかけては出合いの中心は0.4%台に低下しました。日銀は午後の金融調節で合計4000億円の資金を吸収しましたが、資金余剰感は大幅には緩和されませんでした。加重平均金利は前日の0.502%から低下し、0.490%となりました。

 日銀の早期利上げ観測が後退し、投資家の資金運用ニーズが高まっていることから、短期国債市場も地合いはしっかり。財務省が実施した6カ月物政府短期証券(FB)の入札では、最高落札利回りが0.6844%となり、前月債の0.7465%から大幅な低下となりました。ユーロ円3カ月金利先物は底堅い展開が続きました。

トリガー

『戦い』(ロマンスの行方・3」から) (←Dの発布した 『神の誤算・2』 や 『Z-4の追憶』、『ロマンスの行方・3』 など、伝説的文書の数々に掲載されてきた写真…ではなく絵。『衝動的戦い』。これで「覚醒しないやつは人間じゃない」と叫ぶ我々のそれも、「衝動」)


報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、

世界情勢 ・ 買収技術 ・ デリバティブ (騎士たちのデジャ・ヴのブログ版)   

(↑↑クリックで見れます。もちろん無料)をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!

もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。

データ初期化、頻繁な引越しなどで大手サイトであることを秘匿、提携・広告などはすべて断られる。

 

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、

現役の投資銀行ディーラーの知人が運営する 投資銀行ディーラーの情報交換ルーム      
は、市場解析の勉強になります。

クォンタムなファントム ~投資銀行ディーラーの見解と解釈~

も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。


今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。

ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。

内容はかなり難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいれば確実に理解できます。

 

国際情勢に疎い、または「全部知ってるのに情報を発信できないルール」の外務省。

笑いたい人は、外務省の世界情勢ページ をどうぞ。

もっと知っているのに、もっと発信するわけにはいかないNGO団体。

もう少し笑いたい人は、NGOの世界情勢ページ もそうぞ (←ここは所々にクリック募金をトラップのように仕掛けてあるので注意して下さい)。

 

一般の報道機関から情報をピックアップしているサイトの中では、世界情勢・海外ニュースの読み方 、と、国際情勢の分析と予測 が、最近の優良認定サイト。


『黒衣の使者』(「ロマンスの行方・1」から)
(↑↑Dの発布した 『After The Big Days』 や 『ロマンスの行方・1』、『黒衣の使者の使命』 に掲載された、『黒衣の使者』 の写真…ではなく絵。キングとは違う、直接的な恐怖をまとう 「黒衣の使者たち」。彼らは特別な能力を持ち、世界を心の底から軽蔑している。だからこそ、キングとは違った意味で、容赦しない。キングのコトバを各地のナイトに伝達し、威圧的マントだけで市場を震え上がらせ、弱者を駆逐する! 初めて彼らに近づいたときに必ず思う事、それは 「味方でよかった!!」 という運命的事実。部外者は、黒衣の使者を語るなかれ。彼らは遠くからでも聞こえる。「映画『ロード・オブ・ザ・リング』のナズグル」、と投資銀行ディーラーは言うが、もっと全然怖い。もちろん使者たちの許可を得て掲載してます)